古着通販のメンズファッションでおしゃれをするなら色のコントラストに注意しよう

皆さんは服を買う時、色はどう言った基準で選んでいるでしょうか。その日の気分や好きな色で選ぶ人、地味な方が良いから目立たない色を選ぶ人など、様々な選び方があると思います。しかし、カラーコーディネートと言う言葉があるように、全身で合わせた時に似合うか否かがファッションでは重要になります。ここでは、難しい話を抜きにして簡単にコントラストについてお話します。

コントラストとその重要性

コントラストとは、色の濃淡の事を指します。極端に言えば、白のシャツに黒のパンツを穿くようなイメージです。濃淡の差さえ守っていれば、逆でも問題ありません。ここで重要なのは色の種類と言うよりも、厳密には色の濃度(明るさ)の違いを見るのがポイントです。色の見え方に差をつける事で、各々の服が主張しやすくなります。また、濃度を分ける事で引きしまった印象を与えられます。

インナーとパンツの色は特に分ける

ジャケット等のアウターとインナーの色を別のものにすると言うのはよく知られていますが、インナーとパンツの色も外すのが正解です。上はむしろ同じくらいの濃淡でもさほど問題はありません。上下で差を付けると言うのが、見た目に大きな影響を与えてくれます。これなら、ジャケットを脱いだ時でもコントラストが利いた状態が保てます。

まとめ

ファッションで色を選ぶのは、楽しくも難しい面があります。しかし、濃淡の差さえ注意しておけば、ダサさから脱却できるようになります。